体験講習

体験授業60分×4回
体験授業60分×4回

ワンポイントアドバイス 日本史社会

       社会科編

 

社会科科目は学問として の価値は大変大きなものですが、受験を考えた場合には暗記科目と割り切って対応するべきだと考えます。先生の話を聞いて板書をとることよりも暗 記する方法を工夫しそれに時間をさくべきだと考えます

しかしそうはいっても受験生が自らの力で勉強を進めていくのは大変に困難なことであり、大きな遠回りをする可能性が大きいと言わなくてはなりません。そのようなことになれば受験に極めて不利となります。そこで当塾では社会科科目を独自の教材とレベルごとの昇級テストに編集し、それを用いて 個々の生徒に合格に最短距離の指導をします。 「この 昇級テストおよび指導に 費用はかかりません。)

 

日本史

 

-国立大学

センター試験には古代史から現代史まで、広く出題されています。教科書レベルの内容につい て、全時代をまんべんなくやっておくべきです。また、図やグラフなどの ータも出題されます。 また二次試験は史料を使っての記述・論述、図・表・グラフを使っての記述 ・論述、文章問題が中心になっていて、全体的にレベルが高いです。

 

 私立大

センター試験に見られるような 小問形式に、記述・論述式出題を少数加えるという形式です。必題傾向や頻出分野は、大学によってそれぞれ特徴がありますが、ここでもあまりこだわるとヤマがはずれることになります。なお国公立大と同じように、史料問題は必出です。また最近は,図・表を使う問題が増える傾向にあります。まず何よりも必要なのは、全体の流れをしっかりつかむことです。 もうひとつ必要なのはテーマ史です。テーマ史のウエートは大きいので、 政治・外交・社会・経済・文化などの分野に分かれた問題を暗記しましょう。そうしていつもその時代にある背景を考えながら、そのつながりの中で暗記するのがコツです。なぜなら用語や人名などが、歴史の流れのネットワークに入っていないと、 おぼえてもすぐ忘れてしま得点力に結びつかないことになるからです。

 

また史料問題を平行させて、重点的にやることも必要です。特に著名な一般史料は、出題すればすぐわかるくらいに、なじんでおくことが必要です。



学校の勉強は決してむずかしいものではありません。文部科学省の 「学習指導要領」を見ると、教える内容は子どもの頭で理解できることに 限られています。できない子がいるのはおかしな話です。しかし、現実に はできない子がおおぜいいます。塾に入れても、家庭教師をつけても、な かなか成績が上がりません。これは一体どうしたことでしょう?できないの は、勉強の「やり方」を知らないから。そしてその「続け方」を知らないから です。できない子はこのどちらかに当てはまります。例外はまずありません。 今まで「できない」「ダメだ」と言われ続けてきた子でも、指導法を工夫する だけでその効果が表れます。